初心者でも出来るバイナリー取引のすべてを勉強するブログ

初心者でも出来るバイナリー取引のすべてを勉強するブログ

最近話題のバイナリーオプションとは

初心者でも出来るバイナリー取引のすべてを勉強するブログ

 

最近よく耳にするバイナリーオプションという言葉。一体どういったものか気になっている方も多いはずです。バイナリーオプションとは外国通貨の取引方法の一つで、ある時刻を定め、その時刻において商品の値段が高くなるか、低くなるかを予想するというものです。高いか低いかを予想するという性質上、勝率は必ず五割であるという特徴を持っています。利用するには手数料が必要であったりしますし、予想が当たっても倍率は一定ではありませんから、仮に五割ちょうどの勝率を残せても、利益を出すことは難しくなっています。

 

ただし、他の為替取引と同様に時勢を読む事が出来れば高い勝率が残せますので、多くの利益を生み出すことも不可能ではありません。また、高い勝率を残すため、そしてリスク回避するための攻略というのも存在します。マーチンゲール法などに代表されるそういった攻略法は、単体では効果が心許ないですが、いくつかの攻略を駆使し、市場の動向を敏感に察知することと併せて行えば高い効果が期待できますので是非実践するようにしましょう。

 

バイナリーオプションは日本においてだけでなく、世界中で利用者が増え続けています。小額からでも利用できますから、興味がある方は気軽に始めてみてください。ただし、利用する業者は時間を掛けて選ぶことをお勧めします。バイナリーオプションを利用できる業者は数多く存在し、年々その数は増しています。中には評判のよくない業者が存在するのも事実です。勝ちが続くと勝った時の倍率が大きく下げられてしまう、であったり、得た利益を引き出すために行わなければならない取引の下限回数が気が遠くなるほどの回数に設定されている、といった具合です。

 

こういった業者は避ける事が無難ですし、より多くの利益を出すには優良な業者の利用は必須ですので、実際の利用者による口コミ情報など参考にしながら、長く利用し続けることができる業者を探す事が大事です。

 

 

バイナリーオプションの攻略のための基本技術の種類

初心者でも出来るバイナリー取引のすべてを勉強するブログ

 

バイナリーオプションを攻略するためには、当間のことなのですが基本的な技術は必要です。これはどの分野でも同じことでしょう。その技術とは、つまり予想をすることを指します。正確ではなくてもある程度未来の予想ができれば、バイナリーオプションを攻略するのは難しいことではありません。では、具体的にはどのような方法があるのでしょうか。その一つがファンダメンタルズの分析です。わかりやすく言うと、原因を探ることです。為替レートが変動する原因は様々です。例えば、アメリカの景気が良くなると、ドルは買われる傾向にあります。景気が良くなると資金の需要が高くなりますから、それが原因で買われるのです。

 

一般的に景気が良くなると物価が上昇しやすくなり、過度な物価の上昇を抑えるために金利が引き上げられます。そのため、高金利通貨での運用を求めて買われます。このように、経済の基本的な部分を分析することによってある程度の予測は成り立ちますが、これがファンダメンタルズ分析です。もう一つはテクニカル分析です。長期的に見ればファンダメンタルズに沿った方向で為替レートは動きますが、ごく短期的に見るとファンダメンタルズよりも、需給のほうが影響が強いといえるでしょう。この需給を分析するための技術がテクニカル分析です。

 

具体的には、過去の為替レートの分析を行います。ずっと上昇が続いていれば、そろそろ加熱していると考えることは多いのではないでしょうか。ですから、過去の為替レートの変動を見れば、ある程度は分析が可能です。テクニカル分析にはテクニカル指標という指標が用いられます。テクニカル指標にはトレンドを分析するためのトレンド系と、相場の需給の強さを表すオシレーター系の2つにわけられます。バイナリーオプションを攻略しようと考えているのなら、テクニカル分析の理解は必須なものだといえるでしょう。特に短期トレーダーには必要なツールの一つです。

 

 

バイナリーオプションの種類を比較する

初心者でも出来るバイナリー取引のすべてを勉強するブログ

 

バイナリーオプションにはいくつかの種類があります。基準額とその後の相場を比較して、損益を確定するのはどれも一緒ですが、その判定方法が種類によって異なってきます。一番単純なバイナリーオプションとして、ハイアンドローがあります。これは開始した時点の相場が基準額となり、終了時間を迎えた時に基準額と比較して、相場が高くなったか、低くなったかをあてるやり方になります。とてもわかりやすいシステムですので、初心者が始めやすい特徴を持っています。バイナリーオプションの中では最も知られている、基本的なシステムになります。

 

ラダーと呼ばれるものは基準額を開始時点ではなく、別のところに置くことになります。その基準額よりも高いか、低いかで判定されます。開始時間の相場と基準額の差が大きい時には、高い倍率が適用され、儲けが大きくなる可能性があります。その逆に終了時間の相場によっては、倍率が極端に低くなる場合もあります。

 

ワンタッチと呼ばれるシステムは、終了時間を迎えた時に、予め決められた基準額に到達できたか、できないかで判定される方法です。この方法のポイントは、終了時間を迎えた時点で、現在の相場が基準額に到達した、またはしていないで結果が出るものではないことです。開始時間から終了時間の間に、1度でも基準額に到達したか、またはしていないかで判断されます。終了時間前に結果がわかる場合があるという特徴を持っています。

 

レンジは、2つの基準額が用意されています。高い基準額と低い基準額があり、相場がその2つの基準額の間におさまるか、おさまらないかを予想するようになります。2つの基準額は随時変更されるため、他のバイナリーオプションと比較すると、予想が難しくなっています。

 

このように、バイナリーオプションには様々なルールが用意されていますが、国内業者では規制が強いため、自由な取引がしにくいのが現状です。バイナリーオプションを幅広く楽しむなら海外業者がおすすめですが、規制外取引となってしまうので安全志向の方には国内のバイナリーオプション業者を強くオススメしています。

FXデモは緊張がなくても本番だと思ってやることで経験がつく

 

FXトレーダーの実力を上げるためにはそれ相応のことをしてかないといけませんが、ではいったい何をすればよいのでしょうか。何もせずにいるだけで実力をつけられるもほど、FXは甘い世界では太鼓とはFXトレーダーである私たち自身がよく知っているはずです。

 

指をくわえて見ているだけではチャンスは逃げていくばかりですし、自分にもう少し実力があったのならと嘆くことも数あるチャンスのうちにはあったはずです。しかし、実力を磨こうといってもそうやすやすと磨けるものてはないですし、できるものならとっくにやっています。それでも、実力を磨こうとすることはどういう意味がもたらされるかと思うと、それはやはりFXトレーダーとして勝ち組になるためにかかないことなのでやっていくしかないのだと思っています。

 

さて、FXトレーダーとして実力を高める方策ですが、実戦経験ほどためになるものはありません。そうはいってもFXは投資の世界で、簡単に投資できるほどの資産はないよというのが本音ですから、当たらないたまを打ち続けるのも疑問です。なので、簡単に実戦経験をつむには、今更ですがFXのデモでがいいのではないでしょうか。そこで、実戦ではやらないような方策を実験していくことで、本番で力が養われるはずです。

 

デモはお金絡まないから緊張状態がないという人も、本番だと思ってやることで実戦経験がつきますし、アスリートが練習をかかさないようなものです。デモで儲かるときに、これを本番でと悔しい想いがこみ上げてきたら、FXトレーダーとして野心がある証拠です。デモと本番を繰り返して、FXトレーダーとしての経験値を高めながら本番でデモで学んだことを取り入れていくといいです。

 

FXトレーダーは、テキストや紙での頭の中でイメージをふくらはすことが多いですが、絵に描いた餅状態なので、本当に役に立つのはやはり本当の為替レートにのっとりやってみるということです。為替レートは動くものでそれに対応できるかどうかは実戦経験のなかで育まれるものです。

続きを読む≫ 2015/11/27 13:32:27

FXは仲間を集めると意外な意見が聞けること

 

日本のインターネットビジネスは簡単なイメージがあって挑戦している人が多くなっています。そういったインターネットビジネスの中でFXで儲けたいという希望は沢山あります。実際に私もFXで一度は大きな当たりを引きたいと思っている人間です。しかし、現実は難しくて多くのお金をインターネットビジネスで使用してきました。現実を考えると失った金額と勝った金額の計算が合わないのです。こういったインターネットビジネスでは慎重な人間の方が成功するような気がしました。

 

FXの難しい部分が儲けをあまり出せない失敗の点です。これはマネートレードが上手くいっていない証拠で自分でも理由が分からなかったのです。しかし、一つの方法を試したら稼ぎの現状が変化するようになりました。私はFXということにはあまり知識がないので常に情報収集をしていました。そこではインターネットのFXサイトを見たり動画で解説を楽しみました。そういった方法だと自分のFXの儲けに繋がらないことが分かったのです。

 

それからはよりリアルなマネートレードの意見を参考にするようになりました。自分が重要だと考えたのがFXをしている仲間を募集することでした。こういった仲間はブログなどで集まるという話を聞いて参考にしました。実際にFX系のブログを運営している人に話を聞くと良い意見が多かったです。ここで分かったのが自分がイメージしているインターネットビジネスの基礎がおかしかったことです。リアルな体験者の意見を聞くとようやくFXの概要が見えてきました。

 

こういった話を続けると相手が幾ら儲けたという話題で楽しくなりました。実際に儲けている人は頭が良くて自分は衝撃を受けました。やはり成功するためには高度な知識が必要だと思ったのです。それからは他人の意見を参考にしてFXの基礎を勉強しています。FXの仲間たちは今でも儲けるために金融の世界を見ているはずです。できるなら仲間たちと協力して自分もインターネットビジネスを成功させたいです。

続きを読む≫ 2015/11/27 13:32:27

ギリシャ問題の次は中国株の動向に神経質になる相場

 

7月9日。中国株の下落が激しい状態が6月半ばから続いています。日増しに状態は悪化していき、ついにきのう中国株の1200銘柄の売買が停止になりました。中国は株価下落防止策として、売買が出来ないようにすることを打ち出しました。これでは、損を抱えていても売れないわけだから、不安なまま過ごさなくてはいけません。早くポジションを解消したいのに出来ない状態がどれほど辛いのか。不安に押しつぶされて眠れないこともあるでしょう。こんなことでは投資家達にいい影響は及ぼしません。

 

前日テレビで中国株が下落していることが取り上げられていました。投資家の中には若い方や学生さんもいました。少しでもお金を稼ごうと思って株を始めたそうです。上昇していくのを見たとき、乗り遅れないようにしようと飛びついたとか。それが最近になって急落したことで損を抱えています。相当深刻な顔をしていました。今回のことで大損して売れなかった人は、怖さを思い知って投資離れの道を選んでしまうかもしれないなんて考えてしまいます。

 

そうなると、中国経済はますます冷え込むじゃないか。6月29日から数日間はギリシャ問題に対するリスク回避が中心の相場でしたが、現在はギリシャ問題だけじゃなく、中国株の動向にも神経質になっています。本日の東京時間の日経平均株価は、前日に引き続き600円超えの下げ幅を記録しました。日本にまでダメージが及んでいます。細かい動向をチェックするために、日経平均の値動きのチャートを見てみると、寄り付き後、大きく下げてから寄り付きを上回る上昇を見せています、何とも激しい値動きです。上下に大きく振れています。寄り付き後の下げを超えようと下落幅を縮めたときのクロス円の反応は、円売りになって安値から離れて高値更新になっています。

 

豪ドル円は1時間足の高値を突き破る場面がありましたが、すぐに押し戻されました。絶好の戻り売りポイントと意識され、売り込まれました。これはチャンスだと思い、デモトレードで売りましたが、残念ながら損切りになりました。ギリギリまで引きつけて、20PIPS余裕を見ておいたのに。

続きを読む≫ 2015/11/27 13:32:27

日経平均の上昇を好感して豪ドル円は、91円台を回復

 

7月10日。読書をして紅茶を飲んでから、少し遅めの相場観察です。お昼の情報番組は、今話題になっている中国とギリシャの問題をやっていたので夢中になって見ていました。ギリシャは7月12日に開かれるEU首脳会合で運命が決まってしまいます。テレビではギリシャがEUに提出した構造改革案を見せてくれました。改革前とあまり変わっていない内容で、これで合意されるんだろうかと思いました。もし、拒否されたら週明けはまた窓開けの可能性が出てきます。

 

ギリシャのことですでに2週連続で窓開けして、クロス円に被害が及んでいます。日経平均はギリシャ問題が起こってからかなりの下落が起こって2万円を割るような危機的状況に追い込まれました。そんなとき、中国株の下落が同時に不安視される事態も加わり、一層下落に拍車がかかり、ついに2万円台を割りました。それは、7月8日の出来事でした。そして、その日は中国株の急激な下落を食い止めようと1200銘柄の売買が停止になりました。

 

でも、もうすでに日経平均は大きく大台を割り込み、手遅れです。中国政府が株価下落防止策を打ち出したことで前日から日経平均は回復していますが、大事な大台回復にはあと300円ばかり足りません。これは、14時過ぎの状態です。あと1時間ほどで東京株式市場がクローズします。本日中に回復というのは確実にないだろうと思っています。余程奇跡が起こらない限り無理です。

 

なんとか下落を始めないで取引を終えて、週明けにギリシャ問題が足を引っ張らなければ回復する方向に動くのかなぁと思うけど、中国株の動向が日経平均にとっては重要で、上海総合指数が下落していく動きを見せればまた逆戻りです。ここに来て、2万円台回復は難しくなりました。豪ドル円は、日経平均の回復と下落していた中国株の下落幅が軽くなったことを好感して、東京時間中に91円台を回復し、91.45まで高値更新が進みました。日足を見ると、92円が抵抗線になっています。越えられるかどうかがポイントです。

続きを読む≫ 2015/11/27 13:32:27

7月12日は運命の日。明日からの相場に期待

 

7月12日。今日は日曜日で、明日から相場がスタートします。6月29日からずっとギリシャ問題の相場に振り回されて、トレード出来ない日が続きました。前日の7月11日はギリシャ議会で構造改革案が承認されて、日本経済新聞では議員とともに喜びを噛みしめるチプラス首相の画像を見ることが出来ました。思い出してみれば、6月30日の借金返済期限が迫った日に、お金は返せない!と、堂々と発言する男気あふれる姿をテレビで見せていました。格闘家が見せるような真剣な表情で主張していて、見てるこっちにも緊張感が伝わってきました。

 

返せないとなったら、次に待っていたのが7月5日の財政緊縮策を問う国民投票です。チプラス首相が返せない発言をしてから、相場は荒れて、持続力を発揮しました。それ以来、チャートが機能しないことが当たり前になりました。私は、早く解決することを願いました。願ったけど、結局相場の雰囲気は変わらず、ヒヤヒヤしました。そして、期待していた国民投票の結果はまさかのノーで、週明けから再び大荒れにスイッチが入りました。豪ドル円は、窓を開けて東京時間午前中に反発するも、数日後にはまた別の材料が入り、さらに大荒れ。中国株の下落です。

 

これも加わったことで、最終的に90円を割り込んで89円前半まで行ってしまいました。そして、89円前半まで行ってから、木曜日は日経平均の反発にすくわれて91円手前まで反発。先週金曜日は日経平均の下げ幅縮小と中国株の下落が緩んだことを好感して上昇した結果、91.36で引けています。何とか89円のままで終わることがなくて、まぁやれやれです。そして、7月12日はEU首脳会議で、ギリシャの構造改革案を受け入れるかがわかります。現在は夜の9時。会議は、午後6時から始まっているみたいです。結果を聞くのが楽しみといえばそうだけど、半分ハラハラもあるかな。3週連続窓開けに違いないと予想。明日からはどんな相場になるんだろう。ガラリと雰囲気を変えて欲しいですね。

続きを読む≫ 2015/11/27 13:32:27

ギリシャ議会で構造改革案が受け入れられて喜ぶチプラス首相

 

7月11日の今日は土曜日だから相場がやっていません。だけど、ギリシャがユーロ圏を離脱するかどうかの問題は着々と進んでいます。お昼にテレビを観ていたとき、今日もまたギリシャのニュースが入ってきました。一日たりと縁がなくなることはありません。見ながら、心の中でああまたギリシャと出くわした~!って思いました。内容は、ギリシャの構造改革案が本日11日のギリシャ議会で賛成多数で受け入れられたとのことでした。

 

まぁ、とりあえず反対は出なくてよかったですね~。でも、本番は明日です。7月12日のEU首脳会議で最終的に受け入れるかどうかの判断がされます。例えるなら今日のはオーディション1次予選みたいなものですね。明日は最終選考。合格するかな?テレビで受け入れられたことを聞いたとき、心の中で拍手しちゃいました。それでとりあえず安心して、明日に希望が湧きました。今日は、暑かったです。どこか行こうかと思ったけど、ベッドで横になったらぐったりしちゃって、家でお茶を飲んでお菓子を食べる道を選んでしまいました。月曜日からはまた相場が始まるんだよ、外出しなくていいのか!って突っ込んじゃいましたが、あと1日あるからいいのです。

 

行くとしたら喫茶店とショッピングぐらいかなぁ。そして今は、夜の10時。経済ニュースをチェックしようとパソコンを立ち上げました。見たのは、日本経済新聞の、ギリシャ議会で構造改革案が承認された記事。内容を先に読むつもりが、構造改革案が承認されたときのチプラス首相のあまりにも嬉しそうな画像が飛び込んできて、こちらを先に見てしまいました。笑顔を浮かべて議員の人と抱き合って喜びを表現しています。私がテレビで観てきたチプラス首相の表情は、真剣に発言をする姿が印象的だったので、こんな表情するんだぁって思いました。嬉しいよね、明日受け入れてもらえたら、ユーロ圏離脱を免れるからね。そして、そうなれば、私も嬉しいし、安心です。2週間にわたって騒がれた問題がこれで収束するんです。

続きを読む≫ 2015/11/27 13:31:27

高金利通貨ペアで人気のあるトルコリラ円取引できる外為どっとコム

 

私が初めてFX口座を開設した頃は外為どっとコムが圧倒的に人気のある会社でした。FX本やネットでも今よりも紹介されていましたし、当時は他の会社と比べても圧倒的な情報サービスを提供している会社でもありました。FX初心者の頃は、まだ取引スタイルが決まっておらず、外為どっとコムのアナリストのレポートや今日の為替相場の予想などを参考にして取引していた感じです。

 

また、外為どっとコムは会場とオンラインセミナーを開催していて、会場のセミナーはすぐに満員になるほど人気で、ネットセミナーも人数制限がありますから、抽選でした。それぐらい人気はありましたが、今は、外為どっとコムと同じようなサービスを提供している会社も多くなり、FX会社の人気ランキングも変わっている印象を受けました。ちなみに外為どっとコムはトルコリラ円の取引ができる会社でもあります。トルコリラ円は南アフリカランドと同じように高金利通貨ペアでスワップ運用には人気の通貨ペアでもあります。ただ、トルコリラ円を取り扱っている会社はまだ少なく、私が知っているのは外為どっとコムとヒロセ通商、セントラル短資FXぐらいでしょうか。

 

南アフリカランド円のようにメジャーな通貨ペアではなく、どちらかというとマイナー通貨で、取引量も少なめです。以前、ヒロセ通商でトルコリラ円のチャートを見ていましたが、一日中、ほとんど値動きはない感じです。ですから、安定的にスワップ運用できる通貨ペアでもありますが、何かサプライズが起きた場合は、急激な変動がある事は覚悟しておいた方が良さそうです。

 

また、トルコリラ円でデイトレしているトレーダーはいないと思います。安くなったところを仕込むトレンド取引かスワップ運用が向いています。方向性が見えてこないのでこの先、上がるのか、下がるのか全く予想できない通貨ペアでもあります。ちなみにスワップは1万通貨取引で120円ほど(変動あり)付与されるので、注目度の高い通貨ペアだと分かると思います。

続きを読む≫ 2015/11/17 12:58:17

通貨ペアのスワップポイントにはとことん注意が必要。

 

きっと、知らなきゃそのままだったと思うんですが、世にあるあらゆる投資の中に、コツコツとムリなく利益を出していけるものも確かに存在するんですね。投資と言えば、株取引や先物取引なんかをイメージして、あれなんかはコツコツ型じゃないじゃない、と思われるかもしれませんが、今はFX取引っていうものもあるんです。このFX取引で利益を出す方法の一つに、スワップポイントで儲けるっていうものがございます。

 

スワップポイントっていうのは、ようするに金利差で利益を出していくものなんですね。もう既にご存知かもしれませんが、FX取引っていうのは二種類の通貨を売買して利益を出していくものですよね。その通貨の価値が上がるか下がるかを予想して取引します。で、スワップポイントは、ご自分が所持してる通貨の金利差がそのまま利益になる。簡単な仕組みなので、これを目当てにしてる人も多いんです。でも、そこで一つ疑問が出てきます。

 

確かにスワップポイントで利益を出していくには、金利の高い通貨を買って、金利の低い通貨を売ることが前提ということになる。ところが物事はそう上手く運ばないものでして、逆に金利の高い方の通貨を売ってしまって、金利の低い方の通貨を買ってしまった場合はどうなるか。これは当然のことでございますが、スワップポイントの支払いが発生してしまうんですね。だからこそ、通貨ペアのスワップポイントにはとことん注意が必要なんです。

 

そういう状況のなかで注意しないといけないのは、やっぱり日々の通貨の値動きというものなんです。これを常に把握して、スワップポイントがご自分の目標金額に達した時点で決済して、利益を確保することが大切になります。これは簡単なようでいて、実はかなり難しい。利益が出てくると、人はどうしても欲というものが出てきてしまいますから、止めるに止められなくなっちゃう。恐ろしいですね。

 

ここでスワップポイントについて考えたいと思います。これは、たとえばFXの大きな魅力の一つであるレバレッジを効かせて少ない資金でも大きな取引をして、大きな利益を目指すのもFXの醍醐味と言えるんですが、このスワップポイントで利益を出す方法も捨て難いものなんです。一番は、ムリなくコツコツできるってこと。このコツコツっていうのが、きっといつも意識していたにちがいないのです。安定ですか。考えてみますと、これはなかなかすごいことだとは思うんですね。

続きを読む≫ 2015/11/17 12:58:17

外国為替証拠金取引で、タイミングを逃さない方法がある。

 

どうして、と聞かれても、はっきりした理由はありませんが、24時間という言葉にはいろいろと便利さと快適さがともなっているように感じてしまいます。コンビニしかり、ファミレスしかり、いつでも、という意味がどうしても便利さと対をなしてる。でも、これがまた、何かとうまくいかないようなこともある。今、投資として人気のあるFX取引では、株や先物とは違い、時間的な制限がないんですね。ようするに24時間いつでも取引できる。

 

一般的に言えることですけれども、こうした24時間できるということは、なにかと忙しい方でもほんのわずかな空き時間を使ってFXに参加することができるから、これはとれも便利だということ。でも、その反面、24時間取引可能というのは、それだけ難しい取引になってしまうことも大いに考えられるんです。為替取引といいますものは、常に変動してるもの。ほんのちょっとの時間で変わってしまうこともあるんです。いつでも取引できるってことは、それだけタイミングをとることも難しいということが言えるんじゃないでしょうか。

 

それからいつでも取引ができるからといって、次から次へと取引を進めるのもちょっと問題なのではないでしょうか。ついつい便利だからやり過ぎてしまう。まあ、この辺は自己の判断が必要なので、常に後先のことを考えて行なうことが必要でしょうね。やりすぎというのは何でもそうですが、あまりいい結果をもたらしませんので。

 

先ほどの取引のタイミングのお話がありましたが、この問題を解決する方法もあるんです。それはツールを活用するということなんですね。どうしてこれがおすすめなのかと言いますと、今、いろんなFX取引業者が提供してるツールで、為替変動のような急激なマーケットの動きに対して、損失をできるだけ回避させるために、損失が予め設定されたところまできてしまうと、自動的にメールで報せてくれるものがあるんです。

 

なんと言っても、この考え方はいい。損失がかなり回避されることでしょう。こうしたサービスは、おそらく提供してる会社は多いですから、調べてみるといいですね。なにかとストレスが多い現代社会でもって、この損失ほど痛いことはありませんから。これはできる限りなくした方が賢明です。

続きを読む≫ 2015/11/17 12:57:17

ホーム RSS購読 サイトマップ